タダシップ通販+健康的な習慣づくりでよりよいセックスライフを

2019年9月30日

毎日の食生活や健康づくりなどの生活習慣を見直すことは、体の健康を保つと同時にセックスのリズムを整えることにも。
日頃のちょっとした意識で改善ができるように、具体的な例をピックアップしていきます。

今まで気にしていなかった習慣を見直し、健康的にセックスができるようにしていきましょう。

タダシップの効果を妨げるお酒とタバコの影響

生活態度を見直す

タダシップを服用することで勃起の改善ができますが、お酒とタバコの過度な摂取によって効果が出にくくなる可能性があります。タダシップの効果をしっかり得るためにも、自分の体を万全にするための習慣を心がけましょう。

お酒は適量でたしなむ程度に

お酒は脳の緊張をほどいてリラックスさせるというメリットがありますが、過度な飲酒はタダシップの効果を必要以上に強めたり、副作用が強く表れたりする可能性があります。
適量といっても個人差があるので、いつも飲む量の半分以下を目安にするといいでしょう。

タバコはなるべく控えるように

タバコは血管を収縮し動脈硬化を進行させるので、それに伴って勃起にも悪影響を及すことも。
タダシップを飲んで血管を拡張しても、タバコによってまた収縮させてしまい、体に負荷がかかることによって負のループになってしまいます。
いきなり禁煙するのは厳しいかもしれませんが、1週間に吸う本数を減らすことからはじめて徐々に減らしていきましょう

タダシップ+毎日の食生活に+1品で性活が変わる

食生活を見直す
よりよいセックスができるように、タダシップの力も借りつつ、性欲や精力アップにつながる栄養素も積極的に摂りましょう。

精の出る食品は天然の催淫剤

男性ホルモンにかかせないといわれる亜鉛はよく聞くと思いますが、ほかの栄養素はあまり聞きなじみがありません。
具体的にどういう食品をとればいいのか、普段の食生活でも違和感なく摂りやすい食品例をピックアップします。

・かぼちゃの種
おつまみコーナーでよく目にするかぼちゃの種。実は優れた亜鉛の供給源だったのです。
おやつ感覚で食べることができるので、手軽に栄養素を摂取できます。
・クルミ
独特な触感がクセになるクルミにはアルギニンが含まれており、血管の拡張や循環を促
します
。また、アルギニンは精力剤などのサプリメントにも含まれる栄養素で、勃起に
も効果あり。
・バナナ
ヨーグルトやパフェに添えてもおいしいバナナは、性活に必要なカリウムという栄養素
が含まれています。カリウムは筋肉の収縮に関する重要な栄養素で、全身の筋肉を使う
セックスにはもってこい。
・ニンニク
食品というよりは調味料に近くなりますが、ニンニクには血液の循環を良くするアリシ
という栄養素が含まれています。セックス中は発汗によって冷えやすくなるので、冷
えの対策にもGOOD。

性欲減退につながる食品

デート中は食事がつきもので、甘いものも食べることが多くなりますが食品によっては性欲を低下させてしまうものもあります。

・揚げもの類
からあげやフライドポテト、ポテトチップスなど。
油に含まれるトランス脂肪酸が気力の低下や肥満のリスクなどがあり、性欲低下の恐れがあります。
・乳製品
アイスクリーム、チーズ、バターなど。
今では加工食品も多い乳製品ですが、とりすぎると倦怠感を感じるようになり、性欲低下の原因になります。
・甘いお菓子
糖分の多いお菓子は急激に血糖値が上がるリスクがあり、血管のダメージによって性欲
が低下
してしまう恐れがあります。

最近のデザートは一人分でも量が多かったりするので、それを二人で一緒に食べて摂取量を抑えるなどして、うまくコントロールしましょう。

過度な制限は禁物

日頃の習慣を気をつけることで、体も健康的になり、タダシップの効きも良くなり、セックスの満足度が高くなるという一石三鳥の効果を得られます。
しかし過度な制限はストレスの原因にもなるので、うまく自分をコントロールしながら習慣づくりをしましょう。


PAGE TOP